Mac

テレワークとPCスキル

テレワークの実施において必要となるスキルに「ITスキル」が挙げられます。

オフィスで仕事をしているときは、PCまわりで分からないことがあれば周りの人にすぐに聞くこともできるし、なにかトラブルがあったときにシステム部門にPCを持っていくこともできます。

でも自宅ではなかなかそういうわけにもいきません。

ネットワークがつながらないとか、システムにログインできないとか、ツールの使い方が分からないとか、リモートでもいろいろなことは起こります。むしろ社外にいることで起こるトラブルも多くあるでしょう。

自分の状況が正しく伝えられない

そんなときは、同僚や先輩、IT部門の担当者などに連絡して、ZoomやTeamsなどオンラインミーティングのツールやチャット、メール、もちろん電話も使って状況を伝えることになります。でもITに関する基本知識が無いと自分の状況を正しく伝えることすらも難しかったりします。

詳しい人がサポートするとしても、状況が分からないと解決までに時間がかかることもあります。社内のいろんな人から問い合わせを受けるIT部門のリソースにも限りがありますし、上司や先輩の他、部署にひとりはいるITに詳しい人も、各々仕事を抱えています。

こういった問題はオフィスで働いていたとしても起こる話ではありますが、テレワーク時はコミュニケーションの部分で難しくなってくるものです。オフィスで仕事をしていたときよりもスキルが必要となっていると感じている人も多いのではないでしょうか。

全員が身に付けたい基礎的なITスキル

テレワークではITツールの活用が不可欠です。ITスキルが低い状態ではテレワークのメリットよりもデメリットが目立ってしまうこともあります。全員が専門的な知識を持たなくてもよいですが、基礎的なITスキルがあればテレワークのメリットも大きくなっていきます。

また、ExcelなどのOfficeソフトを中心とした各種アプリケーションについても同様です。全員が自分でできる範囲を広げていく必要があります。

周りに人がいない状況だと、自分で考えて解決しなければいけないことが増えます。もちろんコミュニケーションツールの活用によってはオフィスにいるときと変わらずに、同僚や先輩、上司に「いつでも聞ける」環境を整えることも可能です。とは言え、どうしても対面とは異なる部分があることは否めません。

テレワークからオフィスに戻る動きもあるものの、テレワークも継続していくところは多いかと思います。

また、自分の働き方を自分で考えるという意味でも、個々のスキルアップがこれまで以上に求められるようになってきています。そして基礎的なITの知識はビジネススキルの中でも最もベーシックなものという位置づけです。

個人としても組織としても、今一度、ITスキルの底上げを図っていきたいところです。

【株式会社アップナレッジは「一般社団法人日本テレワーク協会」の会員企業です】

Officeソフト公開講座 2021年開催分は終了しました

2021年のOfficeソフト公開講座は終了しました。(Officeソフト公開講座の詳細はこちら

10月, 11月で月ごとにExcel初級・Excel中級・PowerPoint初級・PowerPoint中級の4講座を開催、各回20-30名様程度の方にご参加頂きました。

Zoomによるオンライン研修でしたが、研修後のアンケートではポジティブなコメントも多く頂けました。
※受講された方々からのコメントの一部をご紹介します。

  • 要所要所で細かな操作テクニックもご紹介いただき、非常に参考になりました。
  • 先日、初級講座を受けたばかりのレベルなので、講座前についていけるか心配していましたが、丁寧でオンラインでもおいていかれる事なく教えて頂けてちゃんと理解する事ができました。ありがとうございました!
  • 業務でピボットを使うことが無いので余り知識がありませんでしたが、今回詳しくご説明いただいたことで、仕組みや特徴を理解することができました。今後、関数の応用編、Wordの研修がありましたら是非受講したいと思います。

次回開催は未定ですが、公開講座の開催時には本サイトでお知らせ致します。また、社内研修としていくつかの日時をアレンジすることもできますので、お気軽にご相談下さい。

Officeソフト講座のご相談、お問い合わせは下記よりご連絡下さい。

お問い合わせ

 

MacとWindowsのPowerPoint

Mac版PowerPointの研修では、Windowsとの互換性の質問がよく挙がります。

例えばMacで作成したPowerPointファイルをWindowsで開くとフォントが変わってしまう、といったことがよく起こります。この点についてはプレゼンを行うPCに入っているフォントを使用するのが一番安全です。一番よく使われているのはWindowsはメイリオ、Macはヒラギノ角ゴシックです。Windowsの游ゴシックも良いかと思いますが、このあたりは好みですね。

もちろん、事前に確認することも重要です。相手が顧客や取引先など場合によっては事前の確認が難しいことがあるかもしれませんが、データを先に送るなどして確認しておいたほうがよいでしょう。相手先にもよりますがMicrosoft TeamsやZoomによるオンラインミーティングで画面を共有してもらって確認する方法もあります。いずれにしてもぶっつけ本番とならないよう、何らかのかたちで事前に確認するようにしましょう。

PowerPoint

PowerPoint 研修はこちら

PowerPoint研修

Macで新入社員研修できます

4月から5月にかけては毎年、多数の新入社員研修を実施しています。

お客様のご要望をふまえて、Officeソフト(Excel,PowerPoint,Word)の研修やビジネスマナー、ビジネスメールなど、いろいろな組み合わせで研修を作っていきますが、Officeソフト研修については、WindowsだけでなくMacでも実施することが可能です。

Macを使っている会社は多くありますが、MacでExcelやPowerPointを教える研修会社はあまりありません。アップナレッジでは、Macを使っている講師が、Macの画面を使って、Macユーザー向けに行うOfficeソフト研修のコースを用意しています。基礎から応用まで、各アプリケーションの機能や操作をしっかりと学ぶことができますし、Windowsとは異なるショートカットキーも身につけられます。

もちろん新入社員研修だけでなく、中途入社や既存社員の方に合わせた内容で実施することも可能です。

Macでの研修をお探しの方は、お気軽にお問い合わせ下さい。

Mac Excel研修

Mac PowerPoint研修

新入社員研修

パワーポイント研修をMacで

講師もMacユーザー

アップナレッジなら パワーポイント研修もMacで受講できます。多くのパソコン講師はWindowsのみ対応となっていますが、アップナレッジにはWindowsもMacも使える講師がいます。そのため、Macユーザー向けの講習も問題なく対応することができます。

講習の内容や流れは基本的に同じです。Officeソフトの最新バージョンではWindows版とMac版の違いも少なくなってきていますし、場合によってはWindowsとMacが混在した環境で研修を実施するケースもあります。講師はWin or Macのいずれかを使ってスクリーンに画面を投影しながら説明し、メニューやショートカットキーなどで異なる部分は適宜説明する、という感じです。

企業によっては、基本的に社内はWindowsだけど部署や業務内容によってMacを使っている人もいる、ということもよくあります。ある企業では入社時にWindowsかMacで好きな方を選べる、という話でした。最近では学生のときからMacを使っているという人も多いようです。

Excel,PowerPoint,WordのいずれもMacで研修が可能です。Macによる新入社員研修も行っています。もちろんオンライン研修も可能です。

Macでの研修をご検討の方は、どうぞお気軽にご連絡下さい。

Mac対応の講座

Mac パワーポイント研修

Mac PowerPoint研修

 

Excel研修をMacで受講する

アップナレッジでは、MacによるExcel研修も行っています。社内でMacが標準となっている企業や事務所でもWindowsと同じようにExcel研修が受講できます。組織によってはWindowsとMacが混在している場合もあるかと思いますが、そのような環境でもExcel研修を実施することは可能です。

また、通常の社内研修はもちろん、Macによる新入社員研修( Excel研修 )の実績も多くあります。どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。

Excel基礎・ステップアップ・応用の各コース詳細はこちらをクリック

Excel研修 をMacで

Mac講座あります

Mac講座では、Macの基本操作やMac版のOfficeソフトの使い方など、お仕事でMacを使う方向けの研修コースをご用意しています。これまでWindowsを使っていた方が仕事でMacを使うといったケースもよくあります。社内でMacが標準となっている企業や事務所での新人研修にもぴったりです。

■Mac対応の講座

Mac講座

MacでExcelやPowerPointを学ぶ

アップナレッジでは Mac によるExcel研修PowerPoint研修も行っています。

業務の効率化は広く求められているものですが、その中には当然、事務作業も含まれます。Excelでの見積書作成や案件の管理、社内外で使用するPowerPointやWordの資料など、いろいろな場面で使われるOfficeソフトのスキルアップは欠かせません。

でもMacユーザーは、Windowsユーザーに比べてOfficeソフトのスキルアップの機会が少ないのが現状です。言うまでもなく企業で使っているPCは圧倒的にWindowsが多いので、研修会社としてもWindowsのみでMacは対応していないことがほとんどです。

ですので、アップナレッジには

  • 「Excelはどうも苦手で……でもMacのExcelでは教えてくれる人もいなくて…」
  • 「Excelを基礎から学びたいけどMacで習えるところがなくて…」

という方が受講するケースが多くあります。

また、社内がMacで統一されている企業様から新入社員研修の依頼も増えています。

これまでMacの研修は諦めていた方、MacでExcelやPowerPointによるスキルアップを図りたい方、Mac Officeソフトの社内スキルを底上げしたい企業様は、ぜひお気軽にご相談下さい。

mac04

 


関連記事

研修を実施しています


>>Officeソフトのバージョンを見分けるには

Excel2016Mac Excel2011Mac

Mac ExcelでF2やF4を使うには?

ExcelではF2キー(セルの編集)やF4キー(参照の種類の切り替え)をよく使います。Mac Excelではどうすればいいでしょうか。

2011バージョンでは、セルの編集は”control + U”、参照の種類の切り替えは”command + T”でしたが、2016バージョンからMac Excelでも同様のキーが使えるようになりました。
その他のショートカットキーはこちら

ただ、MacのFunctionキーは、デフォルトでは画面の明るさ調整や音量などが割り当てられています。そのため Mac Excel 2016でF2(セルの編集)やF4(参照の種類の切り替え)を使うためには、設定を変更する必要があります。

変更方法は以下になります。

  1. Appleメニューから「システム環境設定」を開く
    MacのFunctionキー
  2. 「キーボード」をクリック
    MacのFunctionキー
  3. 「F1、F2 などのすべてのキーを標準のファンクションキーとして使用」にチェックを入れる
    MacのFunctionキー

以上です。

もし画面の明るさや音量の調整として使いたい場合は、Fnキーを押しながらF1〜F12のキーを押せばOKです。

Mac Excelで絶対参照は?

Mac Excel でシートの切替えは?

知っておきたい Mac Excel の操作


関連記事

研修を実施しています


>>Officeソフトのバージョンを見分けるには

Excel2016Mac Excel2011Mac

Mac Excel でシートの切替えは?

Excelでシートの切り替えはキーボードでもできます。 Mac Excel でももちろん可能。WindowsとMacで使うキーが違うのですが、これは覚えやすいかもしれません。

Windowsの場合は

  • Ctrl + PageUp/Ctrl + PageDown

Mac Excel の場合は

  • option + →/option + ←

 Mac Excel

Excelで効率よく作業するために覚えておくと便利です。

Mac Excel でF2やF4を使うには?

Mac Excelで絶対参照は?

知っておきたい Mac Excel の操作


関連記事





研修を実施しています