PCスキルアップ

テレワークとPCスキル

テレワークの実施において必要となるスキルに「ITスキル」が挙げられます。

オフィスで仕事をしているときは、PCまわりで分からないことがあれば周りの人にすぐに聞くこともできるし、なにかトラブルがあったときにシステム部門にPCを持っていくこともできます。

でも自宅ではなかなかそういうわけにもいきません。

ネットワークがつながらないとか、システムにログインできないとか、ツールの使い方が分からないとか、リモートでもいろいろなことは起こります。むしろ社外にいることで起こるトラブルも多くあるでしょう。

自分の状況が正しく伝えられない

そんなときは、同僚や先輩、IT部門の担当者などに連絡して、ZoomやTeamsなどオンラインミーティングのツールやチャット、メール、もちろん電話も使って状況を伝えることになります。でもITに関する基本知識が無いと自分の状況を正しく伝えることすらも難しかったりします。

詳しい人がサポートするとしても、状況が分からないと解決までに時間がかかることもあります。社内のいろんな人から問い合わせを受けるIT部門のリソースにも限りがありますし、上司や先輩の他、部署にひとりはいるITに詳しい人も、各々仕事を抱えています。

こういった問題はオフィスで働いていたとしても起こる話ではありますが、テレワーク時はコミュニケーションの部分で難しくなってくるものです。オフィスで仕事をしていたときよりもスキルが必要となっていると感じている人も多いのではないでしょうか。

全員が身に付けたい基礎的なITスキル

テレワークではITツールの活用が不可欠です。ITスキルが低い状態ではテレワークのメリットよりもデメリットが目立ってしまうこともあります。全員が専門的な知識を持たなくてもよいですが、基礎的なITスキルがあればテレワークのメリットも大きくなっていきます。

また、ExcelなどのOfficeソフトを中心とした各種アプリケーションについても同様です。全員が自分でできる範囲を広げていく必要があります。

周りに人がいない状況だと、自分で考えて解決しなければいけないことが増えます。もちろんコミュニケーションツールの活用によってはオフィスにいるときと変わらずに、同僚や先輩、上司に「いつでも聞ける」環境を整えることも可能です。とは言え、どうしても対面とは異なる部分があることは否めません。

テレワークからオフィスに戻る動きもあるものの、テレワークも継続していくところは多いかと思います。

また、自分の働き方を自分で考えるという意味でも、個々のスキルアップがこれまで以上に求められるようになってきています。そして基礎的なITの知識はビジネススキルの中でも最もベーシックなものという位置づけです。

個人としても組織としても、今一度、ITスキルの底上げを図っていきたいところです。

【株式会社アップナレッジは「一般社団法人日本テレワーク協会」の会員企業です】

Microsoft 365 の研修・サポート

Microsoft 365 の研修やサポートも行っています。

Teams による会議や OneDrive でのファイル共有、SharePoint によるサイト作成など、Microsoft 365 に含まれるアプリケーションの活用方法を学ぶことができます。

「Microsoft 365で何ができるの?」というところから、「こういう場合はどうすればいい?」といった困りごとまで、幅広く対応しています。

他にも Forms や Planner,PowerAutomate など業務で使えるものもたくさんご紹介してます。

利用者を増やすために

Microsoft 365 のようなツールは、社内の多くの人が使うことでその機能を十分に活かすことができます。利用者を増やす方法のひとつとして、研修を通じて社内のスキルアップを図ることが挙げられます。

皆さんに興味を持ってもらい、小さなところからでも使ってみることで徐々に利用者が増えていきます。やはり使ってみて「便利だな」と感じてもらうことが大切です。

利用者が増えていくと疑問点が出てきたりします。そうするとサポートも必要になってきますが、アップナレッジではITサポート窓口による対応も行っています。サポートを行うことでユーザーの疑問点や困っていることが見えてくるので、それを元に研修を行うこともできます。

そのようにして Microsoft 365 の利用が広がっていくと、コラボレーションツールという性質上、それまで使っていなかった人が目にする機会も増え、そして利用者も増えていくことになります。

Microsoft 365 を活用するための土壌を作る

研修やサポートを通じて利用者が増え、ユーザーのスキルも上がってくると、活用のアイディアが自発的に出てくることがあります。

実際に日々の業務に携わっている現場の人からのアイディアには、業務の効率化に直結するものがあります。そしてそのようなアイディアが出る土壌を作ることは社内の業務効率化にとっても非常に重要です。

最初は分からないことも多く、ハードルも高く感じるところがあるかもしれませんが、少しずつ使っていくことで確実に活用のための土壌はできていきます。業務効率化は多くの組織で求められているものですので、Microsoft 365を効率化のためのツールのひとつとして使ってみるとよいかと思います。

>Microsoft 365研修の詳細はこちら

Officeソフト公開講座 2021年開催分は終了しました

2021年のOfficeソフト公開講座は終了しました。(Officeソフト公開講座の詳細はこちら

10月, 11月で月ごとにExcel初級・Excel中級・PowerPoint初級・PowerPoint中級の4講座を開催、各回20-30名様程度の方にご参加頂きました。

Zoomによるオンライン研修でしたが、研修後のアンケートではポジティブなコメントも多く頂けました。
※受講された方々からのコメントの一部をご紹介します。

  • 要所要所で細かな操作テクニックもご紹介いただき、非常に参考になりました。
  • 先日、初級講座を受けたばかりのレベルなので、講座前についていけるか心配していましたが、丁寧でオンラインでもおいていかれる事なく教えて頂けてちゃんと理解する事ができました。ありがとうございました!
  • 業務でピボットを使うことが無いので余り知識がありませんでしたが、今回詳しくご説明いただいたことで、仕組みや特徴を理解することができました。今後、関数の応用編、Wordの研修がありましたら是非受講したいと思います。

次回開催は未定ですが、公開講座の開催時には本サイトでお知らせ致します。また、社内研修としていくつかの日時をアレンジすることもできますので、お気軽にご相談下さい。

Officeソフト講座のご相談、お問い合わせは下記よりご連絡下さい。

お問い合わせ

 

Excel研修キャンペーン!

2021年10月のExcel研修実施分について、下記のとおり キャンペーンを実施しています。Excel研修をご検討の方はぜひご利用下さい!

Excel研修

Excel研修キャンペーン内容

Excel研修(エクセル初級~上級までの各コース)について、初回ご利用限定でお見積りの研修費用から最大20%OFF!
※本Webサイトからのお問い合わせ限定となります。
お問い合わせフォームに下記キャンペーンコードを記載下さい。

Excel研修

キャンペーンコード:2110TR20C

2021年10月末日までの研修実施分が対象となります。
※お見積り研修費用から最大20%の割引となります。
※他キャンペーンとの併用はできません。

中途入社の方や異動に伴いエクセルスキルが必要になった方にも最適な研修をご提供します。この機会にぜひご利用下さい!

最短当日お見積り

>> Excel研修 のお問い合わせはこちら

Excel・PowerPointの公開講座もあります

10月,11月はOfficeソフト(Excel, PowerPoint)の公開講座もあります!

Excel・PowerPoint 公開講座


Officeソフト公開講座 開催!

ZoomによるExcelとPowerPointのオンライン講座

法人向け研修で人気のExcel・PowerPoint初級~中級編について、「 Excel ・ PowerPoint 公開講座 (オンライン講座)」を開催します!

Officeソフト公開講座 は実務に欠かせないExcelやPowerPointを基礎から学ぶ講座です。Zoomによるオンライン講習ですので、自宅や会社など場所を問わずに受講いただけます。また、1コマ3時間の構成なのでお仕事のスケジュールも調整しやすくなっています。

公開講座のためカスタマイズはできませんが、ExcelやPowerPointの基礎からポイントを押さえながら学ぶことができます。もちろん1名様から受講可能です。

こんな方に最適です

  • 中途入社の方
  • 部署異動でPCスキルが必要になった方
  • 自己流で使ってきた方
  • 管理職,シニア社員の方

Excel ・ PowerPoint 公開講座 開催日程

2021年10月, 11月は下記にて開催します。

Excel(いずれも13:00-16:00)
  • 10月6日(水) Excel初級
  • 10月14日(木) Excel中級
  • 11月4日(木) Excel初級
  • 11月10日(水) Excel中級
PowerPoint(いずれも13:00-16:00)
  • 10月20日(水) PowerPoint初級
  • 10月27日(水) PowerPoint中級
  • 11月17日(水) PowerPoint初級
  • 11月24日(水) PowerPoint中級

> Excel ・ PowerPoint 公開講座 (オンライン講座)のお申し込み,カリキュラム詳細はこちら

Excel ・ PowerPoint 公開講座

MacとWindowsのPowerPoint

Mac版PowerPointの研修では、Windowsとの互換性の質問がよく挙がります。

例えばMacで作成したPowerPointファイルをWindowsで開くとフォントが変わってしまう、といったことがよく起こります。この点についてはプレゼンを行うPCに入っているフォントを使用するのが一番安全です。一番よく使われているのはWindowsはメイリオ、Macはヒラギノ角ゴシックです。Windowsの游ゴシックも良いかと思いますが、このあたりは好みですね。

もちろん、事前に確認することも重要です。相手が顧客や取引先など場合によっては事前の確認が難しいことがあるかもしれませんが、データを先に送るなどして確認しておいたほうがよいでしょう。相手先にもよりますがMicrosoft TeamsやZoomによるオンラインミーティングで画面を共有してもらって確認する方法もあります。いずれにしてもぶっつけ本番とならないよう、何らかのかたちで事前に確認するようにしましょう。

PowerPoint

PowerPoint 研修はこちら

PowerPoint研修

各種研修の実施形式について(8月)

2021年8月末までは原則として各種研修はオンライン形式での研修実施としております。

オンライン研修

Microsoft Teams,Zoom,Google meet,Webex等、お客様の環境に応じて調整します。ExcelやPowerPointなどOfficeソフトをはじめとしたITスキル研修については、演習用のファイルを実際に操作しながら進めるため、基本的にPCを使って受講いただくようお願いしています。閲覧のみを前提にスマートフォンなどで受講いただくこと自体は問題ございません。

また、TeamsやZoom自体の操作については事前にご確認をお願いしております。外付けのモニタまたはタブレットなど、講師画面のみを表示する機器があればベストですが、PC1台のみでも大丈夫です。ご自身のPC上で講師の共有画面とExcelなどの画面を切り替えながら(または並べながら)受講いただくかたちとなります。2つのウィンドウを使うので、ウィンドウ切り替えのAlt + Tabの操作に慣れておくとスムーズに受講できます。

講義中は原則として音声はミュートでお願いしていますが、質問はいつでも受け付けています。カメラについては全体の人数等にもよりますが、オン/オフいずれの形態でも構いません。

オンライン研修でも集合研修と同様に、Officeソフト(Excel, Word, PowerPoint, Access)の他、Microsoft365, Microsoft Teams,Zoomの使い方などの研修や、その他ビジネススキル研修も受講いただけます。詳しくはお問い合わせ下さい。

各種研修の実施について

PowerPoint のセンス?

PowerPoint の研修でよく「自分にはセンスがないから…」という声を聞きます。

センスがないからキレイな資料が作れない、ということなのですが、ニュアンスとしては「自分には(生まれ持った)センスがない」という話です。でも資料作成において生まれ持ったセンスは必要ありません。

資料の中身が大事なことはもちろんですが、見た目の部分はある程度「ルール」に沿って作ればそれなりものが出来上がります。少なくとも見た目がイマイチな資料になることはありません。裏を返せば、見た目がイマイチな資料はルールを守っていないと言えます。

ではルールとは何か。例えば下記のようなポイントが挙げられます。

  • 統一感
  • シンプルにする
  • 使う色を絞る

いずれもごく基本的なルールになります。それぞれ簡単に説明します。

統一感

PowerPoint 研修

統一感とは「揃える」ということです。配置やフォントなどを揃えることで統一感のある資料になります。

図形や画像、テキストボックスなど(これらをオブジェクトと言います)は、PowerPoint の機能にあるオブジェクトの配置や整列を使えばきれいに揃えることができます。さらにスライド全体を通して統一感のある資料にするために「スライドマスター」の機能を使えばばっちりです。

シンプルにする

パワーポイント研修シンプルにするというのは「省く」ということです。グラフや表で不要な線を省いたり、あまり意味のない画像を省いたり、といったことが挙げられます。このあたりは言い方を変えると「無くていいものは無くす」ということになります。

また、記載する情報についても不要なものは省きます。情報の取捨選択は難しいところですが、あくまでも資料の目的に沿って必要なものを絞り込んでいくという考え方です。これは資料全体の構成の話でもありますが、結果的に資料の見た目にも大きく影響してきます。

使う色を絞る

PowerPoint 研修基本は3色程度に抑えるのがベターです。多くの場合、ベースとなるカラーは文字の色が黒かグレー、背景色が白となります。メインとなる色は会社のコーポレートカラーやブランドカラーなど、自ずと決まってくるはずです。そしてメインカラーの補色としてアクセントカラーを使います。

もし複数の要素を色分けして示したい、という場合は、色のトーンを揃えることでまとまりを保つことができます。これは PowerPoint にもあるカラーパレットで、同じ行や同じ列にある色を使っていけばOKです。

PowerPoint 研修

いくつかポイントを挙げましたが、前述のとおりこれらはいずれも「ルール」です。配置を揃えるとか、不要な線を省くとか、色を使いすぎないといったところは、ある程度、機械的にできるものです。持って生まれたセンスが必要な部分ではありません。まずはこれらのルールに沿ってスライドを作っていけば大丈夫です。他の人が作ったスライドなども見てみるとよいかと思います。

PowerPoint には統一感のある資料を作るための機能もいろいろあります。デザインのルールとあわせて PowerPoint での資料作成スキルを上げていきましょう。

資料作成の基本からパワーポイントの操作まで学べる PowerPoint 研修

PowerPoint研修

 

研修の実施形式について

2021年7月1日現在、研修の実施形式については「対面での集合研修」および「オンライン研修」いずれの形式でも研修を実施しております。

対面での集合研修

対面での集合研修も再開しています。お客様社内の会議室等での実施にあたっては、人数や時間数などをふまえ、座席の間隔を確保できるようご手配をお願い致します。また講師および参加者はマスク着用を必須とさせて頂いております。

当日の進行においては、換気の意味も含めて休憩を多めに入れるなどしています。可能な限り会場の窓やドアを開放するなどご協力をお願い致します。

研修の実施形式 について

オンライン研修

オンラインでの研修も引き続き実施しております。Microsoft Teams,Zoom,Google meet,Webex等、お客様の環境に応じて調整します。ExcelやPowerPointなどOfficeソフトをはじめとしたITスキル研修については、基本的にPCでの受講をお願いしております。実際にExcel等を操作する演習が中心となるためですが、閲覧のみを前提にスマートフォンなどで受講いただくこと自体は問題ございません。

研修の実施形式 について

TeamsやZoomの操作については事前に各自でご確認下さい。PCに加えて外付けのモニタやタブレットがあればベストですが、PCのみでも構いません。講義中は講師画面を共有しながら進めるので、ご自身のPC上で講師の共有画面とExcelなどの画面を切り替えながら(または並べながら)受講いただくかたちとなります。ウィンドウ切り替えのショートカットキー、Alt + Tabの操作に慣れておくとスムーズです。

講義中、原則として音声はミュートでお願いします。質問などの際はミュートを解除して発言して下さい。対面での研修と同じようにいつでもご質問いただけます。カメラについては人数等にもよりますが、オン/オフいずれの形態でも構いません。

オンライン研修でも集合研修と同様に、Officeソフト(Excel, Word, PowerPoint, Access)の他、Microsoft365, Microsoft Teams,Zoomの使い方などの研修や、その他ビジネススキル研修も受講いただけます。詳しくはお問い合わせ下さい。

PowerPointで大事なポイント

PowerPoint の操作において大事なポイントはなんでしょうか。 PowerPoint にはいろいろな機能がありますが、プレゼンの資料を作るという意味では、あまり細かい部分を気にしなくてもなんとなく作れてしまうこともあるかと思います。

でも、やっぱり PowerPoint が持っている機能をしっかり使うことで良い点がたくさんあります。

たとえばスライドマスター。統一感のある資料を作るために、また効率的に作業を進めるためには欠かせない機能のひとつです。スライドマスターは「テーマ」も含めて理解する必要がありますが、テーマはデフォルトの”Officeテーマ”を使ってもそれほど問題ありません。

ただ、スライドマスターを使うにあたっては「レイアウト」と「プレースホルダー」を理解する必要があります。

そしてこの2つはパワーポイントの基礎で大事なポイントとして挙げられるものです。

PowerPoint の「レイアウト」と「プレースホルダー」

まず「レイアウト」について。デフォルトの”Officeテーマ”では11パターンのレイアウトがあります。”タイトルスライド”,”タイトルとコンテンツ”,”2つのコンテンツ”,”白紙” などです。スライドを作るときはこのレイアウトの中から選んでいきます。これらはカスタマイズもできます。

PowerPoint 研修

レイアウト

それぞれのレイアウトには「プレースホルダー」が配置されています。プレースホルダーは点線の枠の部分のことです。スライドのタイトル(見出し)や本文を入れるためにあらかじめ用意されている場所になります。

PowerPoint 研修

プレースホルダー

 

そして、レイアウトとプレースホルダーはスライドマスターに連動しています。スライドマスターの利用にあたっては、この関係性を理解する必要があります。たとえばスライドマスターでタイトル(見出し)のプレースホルダーのフォントを赤文字にすれば、全てのプレースホルダーのタイトル(見出し)が赤になります。また、”タイトルとコンテンツ”,”2つのコンテンツ” などのレイアウトごとに書式を設定することもできます。

パワーポイント研修

スライドマスター

 

さらに、プレースホルダーは「アウトライン表示」でも連動します。アウトライン表示にすると画面上で資料全体の構成を確認しやすくなります。スライド枚数が多い場合はとても便利です。

パワーポイント研修

アウトライン表示

 

パワーポイントのファイルでスライドマスターやアウトラインを見ると、プレースホルダーを使っているかどうかがはっきり分かります。これらの機能を使わなくても資料は作れますが、実務においてはやっぱり使うべきです。なぜきちんと機能を使った方がいいのかというと、それは「後から編集しやすい」からです。

作成したファイルを今後一切使わないということであれば、力技で作ってしまってもいいのですが、実務においてはそういったケースはほとんどないでしょう。作成したファイルは保存しておき、また同じような資料を作るときに使い回すことが多いはずです。そうなるとパワーポイントの機能をきちんと理解して作ったほうが圧倒的に編集作業がしやすくなります。

レイアウトやプレースホルダーを理解して、スライドマスターなどを使いこなしていくことで作業効率も上がりますし、統一感のある資料も作ることができます。ある程度、パワーポイントやその他のOfficeソフトを使っている人であれば、それほど難しくはありませんので、ぜひパワーポイントの機能を使って資料を作ってみて頂きたいと思います。

資料作成の基本からパワーポイントの操作まで学べる PowerPoint 研修

PowerPoint研修