IT研修

新規お申し込みのキャンペーン!

2021年8月末までの研修実施分について、下記のとおりキャンペーンを実施します。
ワード研修エクセル研修 パワーポイント研修

キャンペーン内容

新規でご利用の法人様について、Officeソフト研修(エクセル,パワーポイント,ワード)でご要望に応じてカリキュラムをアレンジする「カスタマイズ費用」が無料となります!研修項目や時間数などご要望の形式で研修を実施できます。

※キャンペーンの適用は、当Webサイトのお問い合わせフォームより下記キャンペーンコードを記載のうえ、お問い合わせ頂いた場合に限ります。

キャンペーンコード:2108TR30C

2021年8月末日までの研修実施分が対象となります。
社内のスキルアップに向けて、この機会にぜひご利用下さい!

>>お問い合わせはこちら

PowerPointのセンス?

PowerPointの研修でよく「自分にはセンスがないから…」という声を聞きます。

センスがないからキレイな資料が作れない、ということなのですが、ニュアンスとしては「自分には(生まれ持った)センスがない」という話です。でも資料作成において生まれ持ったセンスは必要ありません。

資料の中身が大事なことはもちろんですが、見た目の部分はある程度「ルール」に沿って作ればそれなりものが出来上がります。少なくとも見た目がイマイチな資料になることはありません。裏を返せば、見た目がイマイチな資料はルールを守っていないと言えます。

ではルールとは何か。例えば下記のようなポイントが挙げられます。

  • 統一感
  • シンプルにする
  • 使う色を絞る

いずれもごく基本的なルールになります。それぞれ簡単に説明します。

統一感

パワーポイント研修

統一感とは「揃える」ということです。配置やフォントなどを揃えることで統一感のある資料になります。

図形や画像、テキストボックスなど(これらをオブジェクトと言います)は、PowerPointの機能にあるオブジェクトの配置や整列を使えばきれいに揃えることができます。さらにスライド全体を通して統一感のある資料にするために「スライドマスター」の機能を使えばばっちりです。

シンプルにする

パワーポイント研修シンプルにするというのは「省く」ということです。グラフや表で不要な線を省いたり、あまり意味のない画像を省いたり、といったことが挙げられます。このあたりは言い方を変えると「無くていいものは無くす」ということになります。

また、記載する情報についても不要なものは省きます。情報の取捨選択は難しいところですが、あくまでも資料の目的に沿って必要なものを絞り込んでいくという考え方です。これは資料全体の構成の話でもありますが、結果的に資料の見た目にも大きく影響してきます。

使う色を絞る

パワーポイント研修基本は3色程度に抑えるのがベターです。多くの場合、ベースとなるカラーは文字の色が黒かグレー、背景色が白となります。メインとなる色は会社のコーポレートカラーやブランドカラーなど、自ずと決まってくるはずです。そしてメインカラーの補色としてアクセントカラーを使います。

もし複数の要素を色分けして示したい、という場合は、色のトーンを揃えることでまとまりを保つことができます。これはPowerPointにもあるカラーパレットで、同じ行や同じ列にある色を使っていけばOKです。

パワーポイント研修

いくつかポイントを挙げましたが、前述のとおりこれらはいずれも「ルール」です。配置を揃えるとか、不要な線を省くとか、色を使いすぎないといったところは、ある程度、機械的にできるものです。持って生まれたセンスが必要な部分ではありません。まずはこれらのルールに沿ってスライドを作っていけば大丈夫です。他の人が作ったスライドなども見てみるとよいかと思います。

PowerPointには統一感のある資料を作るための機能もいろいろあります。デザインのルールとあわせてPowerPointでの資料作成スキルを上げていきましょう。

資料作成の基本からパワーポイントの操作まで学べるPowerPoint研修

PowerPoint研修

 

研修の実施形式について

2021年7月1日現在、対面での集合研修およびオンライン研修いずれの形式でも研修を実施しております。

対面での集合研修

対面での集合研修も再開しています。お客様社内の会議室等での実施にあたっては、人数や時間数などをふまえ、座席の間隔を確保できるようご手配をお願い致します。また講師および参加者はマスク着用を必須とさせて頂いております。

当日の進行においては、換気の意味も含めて休憩を多めに入れるなどしています。可能な限り会場の窓やドアを開放するなどご協力をお願い致します。

パソコン研修

オンライン研修

オンラインでの研修も引き続き実施しております。Microsoft Teams,Zoom,Google meet,Webex等、お客様の環境に応じて調整します。ExcelやPowerPointなどOfficeソフトをはじめとしたITスキル研修については、基本的にPCでの受講をお願いしております。実際にExcel等を操作する演習が中心となるためですが、閲覧のみを前提にスマートフォンなどで受講いただくこと自体は問題ございません。

オンライン研修

TeamsやZoomの操作については事前に各自でご確認下さい。PCに加えて外付けのモニタやタブレットがあればベストですが、PCのみでも構いません。講義中は講師画面を共有しながら進めるので、ご自身のPC上で講師の共有画面とExcelなどの画面を切り替えながら(または並べながら)受講いただくかたちとなります。ウィンドウ切り替えのショートカットキー、Alt + Tabの操作に慣れておくとスムーズです。

講義中、原則として音声はミュートでお願いします。質問などの際はミュートを解除して発言して下さい。対面での研修と同じようにいつでもご質問いただけます。カメラについては人数等にもよりますが、オン/オフいずれの形態でも構いません。

オンライン研修でも集合研修と同様に、Officeソフト(Excel, Word, PowerPoint, Access)の他、Microsoft365, Microsoft Teams,Zoomの使い方などの研修や、その他ビジネススキル研修も受講いただけます。詳しくはお問い合わせ下さい。

PowerPointで大事なポイント

PowerPointの操作において大事なポイントはなんでしょうか。PowerPointにはいろいろな機能がありますが、プレゼンの資料を作るという意味では、あまり細かい部分を気にしなくてもなんとなく作れてしまうこともあるかと思います。

でも、やっぱりPowerPointが持っている機能をしっかり使うことで良い点がたくさんあります。

たとえばスライドマスター。統一感のある資料を作るために、また効率的に作業を進めるためには欠かせない機能のひとつです。スライドマスターは「テーマ」も含めて理解する必要がありますが、テーマはデフォルトの”Officeテーマ”を使ってもそれほど問題ありません。

ただ、スライドマスターを使うにあたっては「レイアウト」と「プレースホルダー」を理解する必要があります。

そしてこの2つはパワーポイントの基礎で大事なポイントとして挙げられるものです。

まず「レイアウト」について。デフォルトの”Officeテーマ”では11パターンのレイアウトがあります。”タイトルスライド”,”タイトルとコンテンツ”,”2つのコンテンツ”,”白紙” などです。スライドを作るときはこのレイアウトの中から選んでいきます。これらはカスタマイズもできます。

パワーポイント

レイアウト

 

それぞれのレイアウトには「プレースホルダー」が配置されています。プレースホルダーは点線の枠の部分のことです。スライドのタイトル(見出し)や本文を入れるためにあらかじめ用意されている場所になります。

パワーポイント研修

プレースホルダー

 

そして、レイアウトとプレースホルダーはスライドマスターに連動しています。スライドマスターの利用にあたっては、この関係性を理解する必要があります。たとえばスライドマスターでタイトル(見出し)のプレースホルダーのフォントを赤文字にすれば、全てのプレースホルダーのタイトル(見出し)が赤になります。また、”タイトルとコンテンツ”,”2つのコンテンツ” などのレイアウトごとに書式を設定することもできます。

パワーポイント

スライドマスター

 

さらに、プレースホルダーは「アウトライン表示」でも連動します。アウトライン表示にすると画面上で資料全体の構成を確認しやすくなります。スライド枚数が多い場合はとても便利です。

パワーポイント

アウトライン表示

 

パワーポイントのファイルでスライドマスターやアウトラインを見ると、プレースホルダーを使っているかどうかがはっきり分かります。これらの機能を使わなくても資料は作れますが、実務においてはやっぱり使うべきです。なぜきちんと機能を使った方がいいのかというと、それは「後から編集しやすい」からです。

作成したファイルを今後一切使わないということであれば、力技で作ってしまってもいいのですが、実務においてはそういったケースはほとんどないでしょう。作成したファイルは保存しておき、また同じような資料を作るときに使い回すことが多いはずです。そうなるとパワーポイントの機能をきちんと理解して作ったほうが圧倒的に編集作業がしやすくなります。

レイアウトやプレースホルダーを理解して、スライドマスターなどを使いこなしていくことで作業効率も上がりますし、統一感のある資料も作ることができます。ある程度、パワーポイントやその他のOfficeソフトを使っている人であれば、それほど難しくはありませんので、ぜひパワーポイントの機能を使って資料を作ってみて頂きたいと思います。

資料作成の基本からパワーポイントの操作まで学べるPowerPoint研修

PowerPoint研修

 

研修前のスキルチェックも

研修のコースを選ぶときに、対象者のレベル感が分からないことがあります。例えばエクセルの研修を検討する場合「普段から業務でエクセルは使っているけど、実際どのぐらい使えているのか分からない」「関数がメインの中級レベルで受講させたいけど、もしかして初級編からのほうがいいかな」といったケースです。

でも、レベル感が分からないままコースを選択すると「難し過ぎて全然ついていけない」とか「簡単すぎて意味がない」なんていうことになってしまうことも…。

講座の難易度が受講者のレベル感に合っているかどうかは、研修自体の効果に非常に大きく関わってくるので、事前にできる限り正確なレベル感を確認しておきたいところです。

スキルチェック_サンプル

ではどうするか。ひとつの方法としては事前にスキルチェックを行うことが挙げられます。

アップナレッジではエクセルやパワーポイントの「スキルチェックリスト」を研修のオプションとして用意しています。チェックリストは10~20問程度でそれぞれ「はい」「いいえ」を選ぶだけのシンプルなもの。時間もかかりません。

また、実施形式としてはいくつかの方法がありますが、Web上で行うものなら簡単に実施できます。対象者にメールなどでURLを送るだけですし、回答の入力はPCはもちろん、スマートフォンからでもOK。さらに、集まった回答は当社側で集計のうえレポートしますので、研修担当の方にも負担はかかりません。

そして、スキルチェックの結果をふまえてカリキュラムなどを考えていくことになるわけですが、カリキュラムの検討にあたっては経験豊富なアップナレッジの担当者がサポートしていきますので、この点でも研修担当の方の負担を抑えることができます。研修の実施が初めてでも安心してお任せ下さい。

カリキュラムの調整に加えて、スキルチェックの結果に応じてクラス分けするケースもありますし、受講者ごとの希望コースと照らし合わせて調整することもあります。

ちなみに、「はい、いいえを自分で回答するだけでは、正確なスキルレベルが測れないのでは」と思うかもしれませんが、これまで見ている中では、研修当日、実際に講師が個々の受講者の様子を見ると、概ね事前のスキルチェックの回答と合致したレベル感になっています。ですのでコース選択やカリキュラムの調整には十分役立つものと言えるかと思います。

スキルチェックや研修の実施を通じてスキルの可視化を行うことは、その後の人材育成にもつながっていきます。スキルチェックなどのプログラムも含めて研修を構成していきますので、ぜひご活用下さい!

>>お問い合わせはこちら

Officeソフト研修キャンペーン

2021年7月,8月の研修実施分について、下記のとおりキャンペーンを実施します。
エクセル研修 パワーポイント研修 ワード研修

キャンペーン内容

新規でご利用の法人様について、Officeソフト研修(エクセル,パワーポイント,ワード)の実施に伴う諸費用が無料となります!

※諸費用には、オンライン研修に伴う各種調整費用、出張研修費用(交通費等の実費を除く)、事前スキルチェック費用などが含まれます。
※当Webサイトのお問い合わせフォームにて下記キャンペーンコードを記載のうえ、お問い合わせ頂いた場合に限ります。

キャンペーンコード:2107TR30C

2021年7月から8月末日までの研修実施分が対象となります。
社内のスキルアップに向けて、この機会にぜひご利用下さい!

>>お問い合わせはこちら

Excel作業のスピードアップ

Excelの作業でショートカットキーをどのぐらい使っていますか?
コピーや貼り付け、検索や上書き保存など、基本的なショートカットキー他、Excelで使えるショートカットキーは多くありますが、全般的なスピードアップに欠かせない操作が「範囲選択」です。

具体的には、マウスを使わずにキーボードの「Ctrl+Shift+矢印キー」を使って範囲選択をする方法です。

範囲選択のスピードは作業のスピードに直結しますので、効率化の面で非常に大事なポイントのひとつです。キーボードのみの範囲選択といっても慣れてしまえば特に難しいものではありませんし、普段からExcelを使っている人であればすぐに慣れると思います。

他にもエクセルでよく使うショートカットキーは以下のようにいろいろなものがあります。

  • Ctrl + 1  セルの書式設定
  • Ctrl + D 上のセルのコピー
  • Alt + Shift + “=”  オートSUM
  • Ctrl + Shift + 1   桁区切りスタイル
  • Ctrl + Shift + “+”    セル/行/列の挿入
  • Ctrl + “-” セル/行/列の削除
  • Ctrl + ;(セミコロン) 今日の日付を入力

ただ、ショートカットキーは実際に使わないと絶対に使えるようにならないので、はじめは意識的に使っていく必要があります。慣れればショートカットキーでの操作の方が速いしラクなので、マウスを使う回数も減っていくはずです。たくさんありますが、よく使うものをひとつずつ覚えていくとよいかと思います。

アップナレッジのエクセル講習コースの一つに「ショートカットキー研修」もあります。講習中に練習する時間も設けているので、範囲選択をはじめとしていくつかのショートカットキーはその場で身につけることも可能です。基本的にはある程度エクセルを使っている人(中級レベル以上)の方が対象のコースとなります。

すぐに業務に活かせる効率化のための研修です。

Excel ショートカットキー研修

Officeソフト公開講座(6,7月)

オンライン(Zoom)による公開講習を実施しています。主に法人向けの研修を担当している講師が、実務に効く講習を行います。法人でのお申込みも可能です。

新入社員研修

主な講習内容

  • Officeソフト(Excel,PowerPoint,Word)

実施形式

  • オンライン形式(Zoom)

講座情報

開催日程やお申込み方法はこちらをクリック(別ウィンドウで開きます)

Pythonでデータ分析を

プログラミング言語 Pythonを使ってデータ分析を行ってみたい方、Pythonの基礎文法を理解したい方に最適な研修をご用意しています。

Pythonデータ分析入門研修

この研修では、ビジネスに欠かせないデータ活用についてゼロから学ぶことができます。「Pythonってどんなもの?」「データ分析ってどうやって進めていくの?」といったところから始めますので、初心者の方でも安心です。

Pythonやデータ分析というとちょっと難しそうなイメージがあるかもしれませんが、まずはどんなものかを知るだけでもビジネスの見え方は変わってきます。データ分析技術のトレンドやデータサイエンティストの仕事紹介なども含めて話をしていきますので、入門編としておすすめの講座となっています。

カリキュラムなどの詳細はこちら(Pythonデータ分析入門研修)

 

 

Macで新入社員研修できます

4月から5月にかけては毎年、多数の新入社員研修を実施しています。

お客様のご要望をふまえて、Officeソフト(Excel,PowerPoint,Word)の研修やビジネスマナー、ビジネスメールなど、いろいろな組み合わせで研修を作っていきますが、Officeソフト研修については、WindowsだけでなくMacでも実施することが可能です。

Macを使っている会社は多くありますが、MacでExcelやPowerPointを教える研修会社はあまりありません。アップナレッジでは、Macを使っている講師が、Macの画面を使って、Macユーザー向けに行うOfficeソフト研修のコースを用意しています。基礎から応用まで、各アプリケーションの機能や操作をしっかりと学ぶことができますし、Windowsとは異なるショートカットキーも身につけられます。

もちろん新入社員研修だけでなく、中途入社や既存社員の方に合わせた内容で実施することも可能です。

Macでの研修をお探しの方は、お気軽にお問い合わせ下さい。

Mac Excel研修

Mac PowerPoint研修

Mac研修