IT研修

4月の新卒研修

4月は新入社員研修を中心に日程が埋まってきております。後半はまだ対応可能な日程もありますので、検討中の企業様はご相談下さい。5月に入ってからの実施ももちろん可能です。

ビジネスマナーとOfficeソフトの研修がセットになった「新入社員研修パッケージ」をはじめとした新入社員研修の詳細はこちらからどうぞ。

研修は実務に近い内容で

アップナレッジのExcel研修では、演習用のファイルを配布して実際に入力や操作をしながら講座を進めていきますが、カスタマイズのひとつとして、演習用ファイルに実務データに近いものを組み込むことも行っています。

研修の目的はあくまでも「実務で活用すること」です。
演習で使うデータが業務内容とかけ離れているものでは、受講者もなかなかイメージできません。できる限り業務に近いデータを使って進めていくことがポイントになります。
もちろん業務内容や扱っているデータの性質によっては、研修で使うことが難しいケースもあると思いますので、その場合はダミーデータを使うなど、可能な範囲で調整することもできます。

「このグラフを作れるようにしたい」「RAWデータからこのような集計ができるようにしたい」「ピボットテーブルを使ってデータを更新できるようにしたい」などいろいろなケースがありますので、まずはご相談下さい。新入社員研修などでも組み込むことは可能です。


PCの基礎もまとめてご依頼頂ける「新入社員研修パッケージ」もあります。新入社員研修は4月上旬から中旬に集中しますので、お早めにご相談ください。
>新入社員研修の詳細はこちら

ビジネスマナー、PCスキル、ビジネスや接客の英会話研修など、必要な項目を自由に組み合わせてご利用頂けます。

2018年4月の新卒研修受付中!

2018年4月入社の新卒研修のお問い合わせが増えています。
特に、ビジネスマナーもPCの基礎もまとめてご依頼頂ける「新入社員研修パッケージ」が人気です。お打ち合わせや費用の調整など、社内研修を担当する皆様の負担を減らしてスムーズに進めることができ、好評いただいております。

新入社員研修基本のビジネスマナーはもちろん、ExcelやPowerPointなどのPC基礎スキルをしっかりと固めて、配属に向けた準備を整えることができます。また、充実した新人研修は配属先の先輩社員の負担も減らすことにもつながります。

新入社員研修は4月上旬から中旬に集中しますので、お早めにご相談ください。
>新入社員研修の詳細はこちら

ビジネスマナー、PCスキル、ビジネスや接客の英会話研修など、必要な項目を自由に組み合わせてご利用頂けます。

Excel Power Query/データの取得と変換

Excelの応用編として、「Power Query(データの取得と変換)」コースを実施しています。

PowerQuery「Power Query」とはExcelのアドインにある機能なのですが、Excel2016から「データの取得と変換」として標準機能になっています。基礎コースでは「データの取得と変換」で何ができるのか、どのような操作を行うのかといった基本項目を学ぶことができます。

「データの取得と変換」では、Excelワークシートの他、データベースやWebなどの外部データを取り込み、抽出や加工を行うことができます。下記のようなことができるのですが、こういった操作を「クエリ」として保存することができるので、元のテーブルが更新された場合も、保存したクエリを実行するだけで最新のデータを取得することが可能となります。

  • 取り込んだテーブルから必要な列や行のみを抽出する
  • 取り込んだテーブルにある列を並べ替えする
  • 複数のテーブルで共通するIDで結合(マージ)する
  • 新しい列を追加して、単価と数量から金額を計算する
  • 新しい列を追加して、条件に合致した行にフラグを立てる

VLOOKUPで大量のデータを扱っている方などにオススメです。

>Excel応用 Power Query(データの取得と変換)基礎コースの詳細はこちら

パソコン講師募集中です

現在、パソコン研修の講師を募集しています。

エクセルやワード、パワーポイントなど、企業向けのOfficeソフト研修の講師経験、実務での使用経験がある方を募集中です。企業への出張研修が中心となります。

メイン講師だけでなく、アシスタント講師も募集していますので、まずはアシスタント講師からのスタートでも構いません。基本的には案件ベースで担当いただくことになりますので、都合の良い日時での調整も可能です。待遇はスキルや経験によって決定します。

お気軽にご連絡下さい。

※原則として、パソコン講師の経験、または実務でのOfficeソフト使用経験がある方が対象となります。

>講師募集

社内研修を検討するときは

社内研修を実施するにあたって、何から決めていけばいいのか悩むこともあるかもしれません。

弊社でも「研修会社に依頼するのは初めてで…」というご相談をよく頂きます。対象者と人数、日程や会場の準備、費用などなど、確認すべき点はいろいろありますし、実際どんな内容で進めればいいのか、なかなかイメージできない部分もあると思います。

管理職向けパソコン研修

もちろん研修会社はそういった相談に対して、最適な研修を提案するのですが、研修の形態もいろいろあれば、費用もいろいろです。まずはいくつかの研修会社に話を聞いてみて、そこでどんどん質問してみましょう。

特に、初めて依頼する場合は、自社の中でも依頼内容がうまくまとまっていないことがあるかもしれません。そんな場合も、気になることをどんどん質問していく中で、自社が実施したい研修内容を整理できることがあります。また、担当者の対応から見えてくる点もあります。

十分に比較検討して、自社にとって最適な研修会社を選んでいきましょう。

※下記のページもご参照下さい。

研修会社の選び方

 

研修後のフォローアップ

研修を実施した後のフォローアップは非常に重要です。

当然のことながら、研修の内容を実務で活用できなければ意味がありません。とはいえ、1日もしくは数日の研修で全てを身に付けることはなかなか難しいことも。受講者ごとの理解度も様々ですので、もし遅れてしまった人がいた場合は、やはりフォローアップが重要となります。

フォローアップは研修を実施してから3ヶ月後、6ヶ月後などいろいろとあるかと思いますが、内容に応じて設定することになります。新人研修のフォローアップでは、ある程度定期的に実施することもあります。

seminar-594125_640

何かを身に付けるにあたっては、反復が必要なものがほとんどだと思います。研修で学んだ内容を自分の中で消化する時間も必要です。その意味では、例えば1日研修で行う内容を半日×2日間で実施することなども有効です。もちろん業務の都合や受講者のスケジュールによりますが、何回かに分けることも検討されるとよいかもしれません。

研修内容や日程調整とともに、研修後のフォローアップも含めて考えていくことで、より効果的な社員教育につながっていくかと思います。

>IT研修サポートプログラム
アップナレッジの研修サポートプログラムはフォローアップも充実しています。

研修の効果測定

研修を実施するにあたって、効果測定は気になるところだと思います。

アップナレッジのPC研修においては、研修前や研修後のスキルチェックを行う場合があります。事前に課題入りのファイルを送付し、各自で実施のうえ、回収と集計および採点を行います。課題は研修内容やレベルに応じて調整できます。

また、研修後のアンケートも行っています。受講者からのフィードバックにより、研修内容の振り返りや今後の研修計画に活かしていくことができます。

スキルチェックによる採点とアンケート集計から、数値化したデータをもって効果測定とすることができますので、社内研修の実施にあたっての検討材料のひとつとしてお考え頂けるかと思います。

IT研修サポートプログラム

2018年の新入社員研修も受付中です!

2018年入社の新卒研修も受付中です。

新入社員研修基本のビジネスマナーからExcelやWordなどのPC基礎スキルもしっかり学ぶことができます。配属後もスムーズに業務に就くことができれば、新入社員はもちろん、配属先の先輩の方々の負担も減ります。

また、効率的な働き方が求められる今、早い段階で基礎を確実に身に付けることはとても重要です。

4月上旬から中旬は特に混み合いますので、お早めにご相談下さい!

>新入社員研修の詳細はこちら

ビジネスマナー、PCスキル、ビジネスや接客の英会話研修など、必要な項目を自由に組み合わせてご利用頂けます。

業務効率を上げる研修

働き方改革やライフワークバランスの実現などに向けて、業務の効率化を検討しているところが増えています。中でも日々のPC作業を効率よく行いたいという相談は多くあります。

具体的には、ExcelやPowerPointなどの研修において、効率的に作業を行うためのポイントを教えてほしいというものです。効率的な操作やコツを学ぶことは非常に有効です。ちょっとしたことで作業効率が大きく変わることもあります。

そんな中で、たとえばExcelについて「自分の担当業務の中ではSUM関数ぐらいしか使わないし…」「今までのやり方で特に問題ないかな…」という人もいます。でも単に他の関数や機能のことを知らないだけで、知れば使えるところがあるかもしれません。

大事なことは「もっと良いやり方があるんじゃないのかなあ」と考えられるかどうかです。これは効率化に向けた第一歩です。知らないことは絶対にできません。業務効率を上げるためには、今の業務をあらためて見直してみることが大事だと言えます。研修においてもそういった部分も含めて伝えていきたいと思っています。