ビジネススキル研修

業務効率を上げる研修

働き方改革やライフワークバランスの実現などに向けて、業務の効率化を検討しているところが増えています。中でも日々のPC作業を効率よく行いたいという相談は多くあります。

具体的には、ExcelやPowerPointなどの研修において、効率的に作業を行うためのポイントを教えてほしいというものです。効率的な操作やコツを学ぶことは非常に有効です。ちょっとしたことで作業効率が大きく変わることもあります。

そんな中で、たとえばExcelについて「自分の担当業務の中ではSUM関数ぐらいしか使わないし…」「今までのやり方で特に問題ないかな…」という人もいます。でも単に他の関数や機能のことを知らないだけで、知れば使えるところがあるかもしれません。

大事なことは「もっと良いやり方があるんじゃないのかなあ」と考えられるかどうかです。これは効率化に向けた第一歩です。知らないことは絶対にできません。業務効率を上げるためには、今の業務をあらためて見直してみることが大事だと言えます。研修においてもそういった部分も含めて伝えていきたいと思っています。

中途入社の方向け研修もあります

即戦力を期待する中途採用ですが、業種や職種が前職と異なるケースもあり、入社時に研修を実施することがあります。たとえば前職であまりPCを使わない職種だった方向けにExcelの研修を実施するなどです。

また、中途採用向けのビジネスマナー研修の依頼もあります。中途入社なのにビジネスマナー研修?と思うかもしれませんが、いわゆる第二新卒の採用を行うにあたって「あらためてビジネスマナーの確認を」という依頼です。

社会人経験があるので基本的なビジネスマナーは身に付いている、という前提ではありますが、そうは言っても所属していた会社によって、あるいは担当業務によって、経験してきたことは大きく異なります。特に、社会人経験が2、3年未満の第二新卒においては、「今までの仕事では名刺交換の機会はほとんどなかった」「電話に出ることはあまりなかった」などはよくある話です。

なお、厚生労働省の資料「新規学卒者の離職状況」によると、大学卒の3年以内の離職率はここ20年ほど30%前後で推移しています。
新規学校卒業就職者の在職期間別離職状況(厚生労働省 ※PDFで開きます)

職種や担当業務が変わるという意味では社内で異動するときでも同じことが言えますが、中途採用者の場合、入社時の研修のひとつとして実施しやすい部分もあるようです。

中途入社する人にとっても、研修を通じて必要とされるスキルを確認することはスムーズなスタートにもつながります。これまで経験してきたことを最大限活かしてもらうためにも、不安要素は無くしていきたいところです。

企業への出張研修は全国対応!

PC関連の研修も、ビジネススキルの研修も、出張形式での実施が可能です。

これまでの実績としては、東京都港区・千代田区・中央区・渋谷区・品川区などを中心とした都内全域、横浜市・千葉市・さいたま市・水戸市などの関東近県、さらに名古屋・大阪・新潟・福岡など全国主要都市で出張研修を行っています。

新人研修やPCスキルアップなど、社内研修の検討の際はぜひお気軽にご相談下さい。

法人研修のアップナレッジ

パソコン研修

ビジネススキル研修

PC研修の準備は

社内でエクセルやパワーポイントなどの研修を行う際に、事前にどのような準備が必要か質問されることがあります。社内の会議室などで実施する場合には、基本的に下記をご確認いただきたいと思います。

  • 受講者用PC
  • プロジェクタまたはモニタ
  • 延長コード(受講者+講師PCおよびプロジェクタの電源用)

もし社内のセキュリティ等の関係で、外部PCの持ち込みに制限がある場合は、講師用のPCをご用意いただくこともあります。

受講者用PCの手配が難しい場合は、PCのレンタルもできます。内容によってはPC無しでの座学形式で進めることも可能です。ご検討の内容や環境に応じて柔軟に研修を組み立てますので、お気軽にご相談頂ければと思います。

法人研修のアップナレッジ

パソコン研修

確実なコミュニケーションのために

ストラクチャードコミュニケーションは、限られた時間で話し手と聴き手が、速く確実な相互理解を図るためのコミュニケーション技法です。

システム開発において、依頼した側と作る側とで仕様についての食い違いがしばしば起こります。修正が必要となれば、当然リリースも遅れますし負担も増えます。負担が増えるとミスにつながり、さらにまた修正が必要になる…。

そんな悪循環に陥らないためにも、確実なコミュニケーションを取ることはとても重要です。

ストラクチャードコミュニケーションとは、コミュニケーションのためのひとつのツールです。情報を構造化して、図解しながら話をすることで、話し手も聞き手も、自分の中で情報を整理しながら話を進めることができるようになります。

この手法はシステム開発の場面だけでなく、顧客への営業活動や社内の打ち合わせでも活用できます。

伝えたい事がスムーズに、確実に伝わるストラクチャードコミュニケーションのスキルを身に付けてみませんか。

ストラクチャードコミュニケーション研修

9月, 10月入社の研修も予約受付中です

9月や10月は中途入社が増える時期です。4月の新卒入社と違って、基本的には社会人経験のある方が対象となると思いますが、異業種からの転職や新しい職種へのチャレンジなどのケースも増えていますので、入社時の研修も欠かせないものとなっています。

業種や職種が変わると必要とされるスキルも当然異なります。例えば、前職ではPCを使う機会が少なかった方が社内の事務を担当する場合には、エクセルやパワーポイントのスキルが求められますし、営業未経験者はビジネスマナーを確認する必要があるかもしれません。

中途採用においては、新しい環境への不安を無くし、早く慣れてもらうことも重要なポイントです。研修を通じてスキルを身に付けることは不安を無くすことにもつながります。

アップナレッジでは、新入社員研修を通年で実施していますが、対象者の経験やスキル、また業種や職種によって研修内容をカスタマイズすることが可能です。

これまでの経験を活かして自社で活躍してもらうためにも、+αのスキルアップを促進したいところです。

パソコン研修


新入社員研修パッケージ

中国語の漢字とは

你好、中国語の世界へようこそ。

今日は中国で使われている「漢字」について紹介します。

中国語で使われる漢字には2種類あり、ひとつは「簡体字(かんたいじ)」、もうひとつは「繁体字(はんたいじ)」と言います。

簡体字とは、中国大陸及びシンガポールで使われる漢字で、日本の漢字を更に簡略化したものとなっています。

例えば、

  • 長→长  車→车   漢→汉

といった感じです。でも、これが分かれば

  • 張→张   連→连   難→难

となることが何となく分かってくるでしょう。

また、繁体字は、台湾と香港で使われる漢字で、日本語の旧漢字にも使われている漢字を更に複雑化したものとなります。

例えば、小学校などの正門にある「○○小学校」などの門に書かれている「學」の字、これは繁体字に当たります。

繁体字には

  • 観→觀   体→體  会→會

など見慣れない漢字も多く出てきます。

皆さんが学習をしていく「北京語をベースとした中国の標準語」は、簡体字を使用していきます。一見難しそうですが、へんとつくりが規則的に変換していくものなので、ある程度覚えてしまえばスムーズに理解ができるものです。

さあ、頑張って学習していきましょう。大家请加油吧!


中国語研修はこんなコースがあります

ビジネスや接客で使える中国語の基礎を身に付ける中国語研修。

中国語研修

中国語の世界へようこそ

你好、これから中国語を学習しようと考えている皆さん。
中国語の世界へようこそ。

中国語は、中華人民共和国及び台湾、シンガポールなどで、13億を越える人々が話す言語です。

ひとくちに中国語といっても、各地方独特の方言もあります。上海では上海語、広東省及び香港では広東語、福建では福建語など、それぞれ同じ漢字とはいえ、発音が全く異なるため、その差はおよそ「英語とフランス語くらい」違うともいわれます。

ここでいう中国語は「北京語」をベースにした、中国語の標準語(中国語で言うと普通語)にあたります。これを使えば、方言のある土地でもかならず通じる言語です。

これから中国語の魅力について、少しずつ紹介していこうと思っています。


中国語研修はこんなコースがあります

ビジネスや接客で使える中国語の基礎を身に付ける中国語研修。

中国語研修

接客の中国語と異文化の理解

法人向けの研修メニューのひとつとして「中国語研修」を行っています。

日本政府観光局が発表した2016年の訪日外国人客数は、約2400万人。2015年の1974万人を上回り、過去最高を更新しました。そのうち中国人訪日客は最も多い約637万人であり、前年比27.6%と確実な伸びを見せています。背景には航空路線の新規就航・増便やクルーズ船の来航増加などがあります。

2016年に1億3千万人を突破した中国人の年間海外旅行者数。人口が多いことから、この数が日本の人口に匹敵する数字となっています。また、彼らの総消費額は約30兆円という調査結果も出ており、中国人の移動は世界中の消費を左右する現状となっております。

さらに、2017年4月から中国人向けビザ発給要件が更に緩和されました。これにより商用目的の訪日中国人の利便性向上、富裕層のリピーターの増加や若年層の訪日者数増加などが見込まれ、今後も日本の消費を盛り上げる大きな牽引力になることは間違いありません。

しかしながら、中国人観光客は多額な金銭を落としてくれる反面、言語・文化・マナー・風習・国民性の違いなどから手放しで喜べない事実もあります。

例:英語が通じない、マナーが悪い、声が大きい、他のお客様に迷惑な行為をする、など。

こうした状況にスムーズに対応するためには、中国という国の文化を知ることも重要になってきます。文化を知れば見え方も変わってきます。語学を学ぶと同時に、異文化の理解を深めていくことはビジネスにとっても大きなメリットがあると言えるかと思います。

shanghai-456762_960_720

>>中国語基礎コースの詳細はこちら

中国と日本でのビジネス経験豊富な日本人講師が担当しています。

  • 速習中国語 3時間
  • 速習中国語 6時間
  • 異文化理解と接客中国語

 

自由度の高いカスタマイズを

エクセルやパワーポイントなどのパソコン研修は、業務内容に応じたカスタマイズが人気です。また、ビジネスマナーやリーダーシップなどのビジネススキル研修の各種メニューもカスタマイズすることができます。

カスタマイズ自体は比較的多くの研修会社で対応していると思いますが、どこまで対応するかという点では各社異なっているようです。

カスタマイズの方法でよくあるのは以下のパターンです。

  • 基本メニューの中から必要な項目を選ぶ(カスタマイズの自由度:低)
  • 複数のカリキュラムを組み合わせて研修を作る(カスタマイズの自由度:中)
  • 希望に応じて新たに研修カリキュラムを作る(カスタマイズの自由度:高)

この「カスタマイズの自由度」は、講師がどこまで対応できるか、テキストなどの準備がどこまでできるか、といったところによります。当然のことながら、決まったメニューを決まった流れで教えるほうが簡単です。その分費用が安くなるケースが多いとは思いますが、どうしてもマニュアル的な教え方になるので「かゆいところに手が届かない」ということもよくある話です。

新入社員ITフォローアップ研修

アップナレッジでは、まず研修のご担当者様との打ち合わせから、研修内容を調整していきます。背景や課題も含めて研修の目的をヒアリングし、そこから最適なカリキュラムを作り上げていくイメージです。カスタマイズの自由度は高くなります。

もちろん自由度の高いカスタマイズを行うとしても「なぜ研修を実施するのか」という点をきちんと把握しない限り、最適なカリキュラムを作ることはできません。担当営業や担当講師には、この「なぜ」を正確に把握するスキルが求められますので、ここは研修会社を選ぶ際のポイントにもなります。アップナレッジの担当者は一般企業での実務経験も豊富ですので、自らの経験を元にお話を進めることができます。

研修会社を選ぶ際には、担当者とじっくり相談しながら最適な研修を実施していきましょう。


関連記事

こんな研修を実施しています