Mac

夏季休業のお知らせ(8/13~16)

平素は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。

誠に勝手ながら下記期間を夏季休業期間とさせていただきます。
何卒ご理解いただけますよう宜しくお願い申し上げます。

  • 2018年8月13日(月)から16日(木)

なお、お問い合わせフォームからのご連絡につきましては、
順次ご返信いたします。

>お問い合わせフォームはこちら

Mac講座あります

Macの基本操作やMac版のOfficeソフトも対応しています。これまでWindowsを使っていた方が仕事でMacを使うといったケースもよくあります。社内でMacが標準となっている企業や事務所での新人研修にもぴったりです。

■Mac対応の講座

Mac研修

MacでExcelやPowerPointを学ぶ

アップナレッジでは、MacによるExcel研修PowerPoint研修も行っています。

業務の効率化は広く求められているものですが、その中には当然、事務作業も含まれます。Excelでの見積書作成や案件の管理、社内外で使用するPowerPointやWordの資料など、いろいろな場面で使われるOfficeソフトのスキルアップは欠かせません。

でもMacユーザーは、Windowsユーザーに比べてOfficeソフトのスキルアップの機会が少ないのが現状です。言うまでもなく企業で使っているPCは圧倒的にWindowsが多いので、研修会社としてもWindowsのみでMacは対応していないことがほとんどです。

ですので、アップナレッジには

  • 「Excelはどうも苦手で……でもMacのExcelでは教えてくれる人もいなくて…」
  • 「Excelを基礎から学びたいけどMacで習えるところがなくて…」

という方が受講するケースが多くあります。

また、社内がMacで統一されている企業様から新入社員研修の依頼も増えています。

これまでMacの研修は諦めていた方、MacでExcelやPowerPointによるスキルアップを図りたい方、Mac Officeソフトの社内スキルを底上げしたい企業様は、ぜひお気軽にご相談下さい。

mac04

 


関連記事

研修を実施しています


>>Officeソフトのバージョンを見分けるには

Excel2016Mac Excel2011Mac

Mac ExcelでF2やF4を使うには?

ExcelではF2キー(セルの編集)やF4キー(参照形式の切り替え)をよく使います。

2011バージョンでは、セルの編集は”control + U”、参照形式の切り替えは”command + T”でしたが、2016バージョンからMac Excelでも同様のキーが使えるようになりました。
その他のショートカットキーはこちら

ただ、MacのFunctionキーは、デフォルトでは画面の明るさ調整や音量などが割り当てられています。そのためMac Excel2016でF2(セルの編集)やF4(参照形式の切り替え)を使うためには、設定を変更する必要があります。

変更方法は以下になります。

  1. Appleメニューから「システム環境設定」を開く
    MacのFunctionキー
  2. 「キーボード」をクリック
    MacのFunctionキー
  3. 「F1、F2 などのすべてのキーを標準のファンクションキーとして使用」にチェックを入れる
    MacのFunctionキー

以上です。

もし画面の明るさや音量の調整として使いたい場合は、Fnキーを押しながらF1〜F12のキーを押せばOKです。


関連記事

研修を実施しています


>>Officeソフトのバージョンを見分けるには

Excel2016Mac Excel2011Mac

PC研修の効果は?デモ研修もあります。

研修の実施を検討するときに気になるのは「どこまで効果があるの?」という点だと思います。費用をかけて実施するわけですからそれは当然のことです。

研修の内容によって見えやすいところや見えにくいところもありますが、エクセルやパワーポイントは比較的、効果を実感しやすいように思います。

ちょっとしたテクニック、例えば「エクセルで1行おきに罫線を引く」とか「パワーポイントで真っ直ぐに矢印を引く」などは意外にやり方を知らなかったりしますので、研修内で取り上げるといい感じに盛り上がったりします。他にも、行の入れ替えを1秒で行うやり方、セルの書式設定のショートカットキー、スライドマスター表示を開く/閉じる、など知られていない操作がけっこうあります。もっと基本的なところでは「元に戻す」のショートカットキーをなども。

研修を通じてこういったことを知り、実際に日々の業務で使っていくことで確実に業務効率は上がりますので、これらは研修効果のひとつだと言えます。それに一回覚えてしまえば、それ以降ずっと日常的に使えるものですから、効果という意味でかなり大きいと思います。

それでもやはり、研修についてピンとこない方もいるかもしれませんが、そんなご担当者様向けとして、研修担当者向けのデモ研修も企画しています。ダイジェスト版で受講頂き、効果を実感してみて下さい。

お問い合わせはこちら


関連記事

こんな研修を実施しています

Mac Excelでシートの切り替えは?

Excelでシートの切り替えはキーボードでもできます。
WindowsとMacで使うキーが違うのですが、これは覚えやすいかもしれません。

Windowsの場合は

  • Ctrl + PageUp/Ctrl + PageDown

Macの場合は

  • option + →/option + ←

エクセルでシートの切り替え

Excelで効率よく作業するために覚えておくと便利です。


関連記事

研修を実施しています

知っておきたいMac版Excelの操作

MacでExcelを使うときは…

MacでExcelを使うときに知っておきたい操作をまとめました。WindowsからMacに乗り換えて、WindowsのExcelとの違いになかなか馴染めない方もぜひご覧ください。

  • Mac Excelで複数のセルのデータをまとめてdeleteするには・・・・・Fn + delete
  • Mac Excelで繰り返しは・・・・・command + Y
  • Mac Excelでセル内で改行するには・・・・・command + option + Enter
  • Mac Excelでセルの編集をするときは・・・・・control + U(Excel2016ではF2キー)
  • Mac Excelで絶対参照、相対参照は・・・・・command + T(Excel2016ではF4キーも使用可)

いずれもMacでExcelを使う場合には知っておきたい操作です。

>Mac Excel研修の詳細はこちら

関連ページ

>>Mac版Excelで絶対参照、相対参照は?
>>Officeソフトのバージョンを見分けるには

Excel2016Mac Excel2011Mac

Officeソフトのバージョンを確認する

ExcelやWordの研修を実施するにあたって、社内で使っているOfficeソフトのバージョンを確認する必要があります。現在使われているバージョンは、Windowsなら2007,2010,2013,2016のいずれか、Macなら2011か2016です。
でも、いざ確認しようとしても、どこを見ればいいのかわからないことがあります。

バージョンについてはメニューから確認することもできますが、ExcelやWordの画面の他、アイコンで見分けることもできます。詳細はこちらのページにまとめていますので、もしOfficeのバージョンが分からない場合は参考にしてみて下さい。

Officeソフトのバージョン

 

Excelで1行おきに罫線を引くには?

実はカンタン!Excelで1行おきの罫線

Excelで1行おきに罫線を引きたい場合。「罫線」の設定ではそういったことができません。
だからといって、罫線を引きたいところをひとつずつ選択していくのも大変です。

ではどうすればいいか。

これは「オートフィル」を使えば簡単にできます。

  • 例)A列からD列で、1行おきに罫線を引く

【手順1】
1行目と2行目の間、3行目と4行目の間に罫線を引く。

Excelで罫線を引く01

【手順2】
A2からD3を選択。
Excelで罫線を引く

【手順3】
D3セルの右下にマウスをあわせて、下にドラッグ。
Excelで罫線を引く

これで1行おきに罫線が引けました!

でもセルにデータが入っている場合は、このようにデータも一緒にコピーされてしまいます。
Excelで罫線を引く

そんなときは、ドラッグした後に出てくる「オートフィルオプション」から「書式のみコピー(フィル)」をクリックします。

Excelで罫線を引く

罫線のみがコピーされました!
Excelで罫線を引く

※画面はMac版のExcelです。

いろんな機能の組み合わせで、Excelの作業を効率よく進めることができます。


関連記事

研修を実施しています

PowerPointでまっすぐ線を引く

PowerPointで線を引くときに必須の操作

PowerPointやWordで直線や矢印を入れるときは、
メニューの「挿入」→「図形」で、直線や矢印を選択して、ドラッグします。

しかし、まっすぐドラッグして直線を引いたたつもりでも、ほんの少し曲がってしまったりすることがありますね。

そんなときは、メニューの「挿入」→「図形」で直線や矢印を選択してから、

  • Shiftキーを押しながらドラッグ

これでまっすぐ線を引くことができます。

簡単に直線が引けて作業スピードもアップ、微妙に曲がってしまうストレスを感じることもありません。資料もすっきりきれいに作成できます。


関連記事

研修を実施しています