Mac Excel

PCレンタルも可能です

Excelをはじめとしたパソコンの研修を実施するにあたっては、受講者用のPCが必要になります。社内でパソコンを用意するのが難しい場合は、レンタルも行っていますのでご相談下さい。レンタル費用は台数や日数によって、研修費用のお見積りとともにご案内いたします。

また、会場についても外部の会議室等の手配も行っています。研修で必要となる各種手配もお気軽にご相談下さい。

パソコン研修

Excelのグラフを学ぶ

Excelに関して、データを集めて表にまとめるだけではなく、グラフ化してひと目で伝わる資料を作れるようにしたい。こういったご要望も多くあります。

Excel研修ではグラフについて学ぶこともできます。

カリキュラムは、グラフの種類や用途、伝わりやすいグラフを作るためのポイントや手順など、ビジネスでのグラフ作成に必要な項目で構成されています。また、2軸グラフやテンプレートの活用の他、実務で使うグラフの作成方法を研修に組み込むことも可能です。研修を実施した結果、これまで社内で行っていた作成手順よりもさらに効率的な手順を発見したケースもありました。

業務で使っているグラフは部内の全員が作れるようにしたい、日々の業務で効率よくグラフ作成作業が進められるようにしたい、などのご要望にもお応えしています。Excelグラフ

Excel研修の詳細はこちら

働き方改革 -業務効率の改善-

働き方改革というキーワードが頻繁に聞かれるようになり、業務効率の向上、生産性アップなどを目的とした研修も増えてきています。

その中でも人気の講座のひとつが「Excel講座」です。Excelは業務での使用頻度も高いので、すぐに実務に活かせるところもポイントです。ショートカットキーなどのちょっとした操作だけでも作業時間を短縮することにつながります。

また、研修を通じて社員のスキルが見えてくることもあります。個々のPCスキルは意外に周りからは見えないものなので、研修を通じてそれが見えるようになることは、業務効率の改善に向けた第一歩であると言えます。

Excelなど日常的に使用するものからも一人ひとりのスキルアップを図り、業務効率や生産性の向上へ、そして多様な働き方の実現につなげていきたいところです。


「新入社員研修パッケージ」もあります。通年で受付しています。
>新入社員研修の詳細はこちら

ビジネスマナー、PCスキル、ビジネスや接客の英会話研修など、必要な項目を自由に組み合わせてご利用頂けます。

Macでの研修実施も可能です。

MacでExcelやPowerPointを学ぶ

アップナレッジでは、MacによるExcel研修PowerPoint研修も行っています。

業務の効率化は広く求められているものですが、その中には当然、事務作業も含まれます。Excelでの見積書作成や案件の管理、社内外で使用するPowerPointやWordの資料など、いろいろな場面で使われるOfficeソフトのスキルアップは欠かせません。

でもMacユーザーは、Windowsユーザーに比べてOfficeソフトのスキルアップの機会が少ないのが現状です。言うまでもなく企業で使っているPCは圧倒的にWindowsが多いので、研修会社としてもWindowsのみでMacは対応していないことがほとんどです。

ですので、アップナレッジには

  • 「Excelはどうも苦手で……でもMacのExcelでは教えてくれる人もいなくて…」
  • 「Excelを基礎から学びたいけどMacで習えるところがなくて…」

という方が受講するケースが多くあります。

また、社内がMacで統一されている企業様から新入社員研修の依頼も増えています。

これまでMacの研修は諦めていた方、MacでExcelやPowerPointによるスキルアップを図りたい方、Mac Officeソフトの社内スキルを底上げしたい企業様は、ぜひお気軽にご相談下さい。

mac04

 


関連記事

研修を実施しています


>>Officeソフトのバージョンを見分けるには

Excel2016Mac Excel2011Mac

Mac ExcelでF2やF4を使うには?

ExcelではF2キー(セルの編集)やF4キー(参照形式の切り替え)をよく使います。

2011バージョンでは、セルの編集は”control + U”、参照形式の切り替えは”command + T”でしたが、2016バージョンからMac Excelでも同様のキーが使えるようになりました。
その他のショートカットキーはこちら

ただ、MacのFunctionキーは、デフォルトでは画面の明るさ調整や音量などが割り当てられています。そのためMac Excel2016でF2(セルの編集)やF4(参照形式の切り替え)を使うためには、設定を変更する必要があります。

変更方法は以下になります。

  1. Appleメニューから「システム環境設定」を開く
    MacのFunctionキー
  2. 「キーボード」をクリック
    MacのFunctionキー
  3. 「F1、F2 などのすべてのキーを標準のファンクションキーとして使用」にチェックを入れる
    MacのFunctionキー

以上です。

もし画面の明るさや音量の調整として使いたい場合は、Fnキーを押しながらF1〜F12のキーを押せばOKです。


関連記事

研修を実施しています


>>Officeソフトのバージョンを見分けるには

Excel2016Mac Excel2011Mac

Mac Excelでシートの切り替えは?

Excelでシートの切り替えはキーボードでもできます。
WindowsとMacで使うキーが違うのですが、これは覚えやすいかもしれません。

Windowsの場合は

  • Ctrl + PageUp/Ctrl + PageDown

Macの場合は

  • option + →/option + ←

エクセルでシートの切り替え

Excelで効率よく作業するために覚えておくと便利です。


関連記事

研修を実施しています

知っておきたいMac版Excelの操作

MacでExcelを使うときは…

MacでExcelを使うときに知っておきたい操作をまとめました。WindowsからMacに乗り換えて、WindowsのExcelとの違いになかなか馴染めない方もぜひご覧ください。

  • Mac Excelで複数のセルのデータをまとめてdeleteするには・・・・・Fn + delete
  • Mac Excelで繰り返しは・・・・・command + Y
  • Mac Excelでセル内で改行するには・・・・・command + option + Enter
  • Mac Excelでセルの編集をするときは・・・・・control + U(Excel2016ではF2キー)
  • Mac Excelで絶対参照、相対参照は・・・・・command + T(Excel2016ではF4キーも使用可)

いずれもMacでExcelを使う場合には知っておきたい操作です。

>Mac Excel研修の詳細はこちら

関連ページ

>>Mac版Excelで絶対参照、相対参照は?
>>Officeソフトのバージョンを見分けるには

Excel2016Mac Excel2011Mac

Mac版Excelで絶対参照、相対参照は?

Excelでとても大事なポイントである絶対参照、相対参照。

参照形式の切り替えのショートカットキーは、F4キーです。

でもこれはWindowsの場合。Excel for Mac 2011ではF4キーではありません。WindowsからMacに移行したユーザーが戸惑うところです。
※2016バージョンからF4になりました。

Mac版のExcel2011でのショートカットキーはこちら。

  • command + T「セルの参照の切り替え」

キーを押すごとに、絶対参照→複合参照(行)→複合参照(列)→相対参照 と切り替わっていきます。

Mac Excel

なお、絶対参照とは、”$A$1” のように列・行ともに参照先を固定するもので、
相対参照とは”A1”のようにいずれも固定しないものです。
また、複合参照は”A$1”のように、列・行のいずれかを参照先として固定します。

Excelを使う上で「セルの参照」という概念は必須となりますので、しっかり理解しておきましょう。


関連記事

研修を実施しています

MacでもExcel研修を受講できます

アップナレッジではMacによる研修も受付中です。ご要望の多いExcelをはじめ、PowerPointやメール研修も行っています。

Mac版のExcel研修もお任せ下さい

Excel研修を行っている研修会社はたくさんありますが、Mac版のExcelとなると、非常に少数となります。またMacに関しては、WindowsとMacの違いはもちろんのこと、Office for Macでも2011と2016での違いなどもあり、Windows版のようにカスタマイズができないケースもあるようです。

アップナレッジでは、機能やメニューはもちろん、ショートカットキーなども解説していますので、MacユーザーにもWindowsユーザーと同じように効果的な研修となっています。

WindowsからMacに移行したユーザーも安心です

WindowsからMacに移行した方は、はじめは戸惑うことも多いものです。

ショートカットキーで言うと、たとえばOffice for Mac 2011の場合、

  • WindowsのExcelでセル参照の切り替えは”F4キー”ですが、Macでは”command + T”
  • WindowsのExcelでセルの編集は”F2キー”ですが、Macでは”command + U”

など、Windows版と異なる点もいろいろとあるため、Windowsに慣れている人にとってその違いは日々の作業に大きく影響します。また、それらの違いをひとつひとつ確認していくことも大変です。

他にもどうしても操作性が変わってくる部分もありますので、やはり業務でMacを使っているのであれば、Macで研修を行うのがベストであることは言うまでもありません。Macでも効率的にExcelを使っていきたいものです。