Wordで置換ができない!

先日の研修で、Wordの置換機能についてこんな質問がありました。

”会話文の最後が句点とかぎかっこ(。」)になっているので、かぎかっこ(」)だけにしたい。でも置換機能を使ってもできない”

置換機能というのは、文書中の文字をまとめて変更したい場合に便利な機能です。
やり方は、 「ホーム」→「置換」→置換前と置換後の文字を入力して実行
※ショートカットキーは、Ctrl+ H です。

ここで冒頭の質問ですが、その原因は、置換のダイアログボックスにある「オプション」で、「あいまい検索(日)」にチェックが入っていたためです。

オプション項目の中にある「あいまい検索(日)」とは、アルファベットの大文字と小文字、全角半角、長音など、入力時のぶれを考慮して、検索(または置換)の対象とみなす機能です。 たとえば”excel”と”Excel”とか、”コンピュータ”と”コンピューター”などは、その違いを区別せず、検索や置換の対象にしません。

つまり、置換機能を使って”エクセル”という文字列を”Excel”に置換することはできるけど、”excel”という文字列を”Excel”に置換することはできないというわけです。

そして今回の質問のケースでは以下の2つ、

  • 句点とかぎカッコ(。」)
  • かぎかっこのみ(」)

の違いが区別されなかったため、置換の対象から外れていたということになります。

ちなみに、あいまい検索のオプションで、対象となる文字の種類や表記を細かく設定することもできます。

>>作業効率がアップするWord研修はこちら