新入社員向けIT研修、何をやっている?

新入社員研修では、やはり基礎スキルの研修がメインとなりますが、その中でも定番の人気カリキュラムは、Excel研修です。続いてPowerPoint研修とWord研修となっています。またビジネスメール研修も増えています。

アップナレッジで実施した新入社員研修、内定者研修の内容を実施時間数で見てみると、Excel研修、PowerPoint研修の次がビジネスメール研修となっています。

社会人としてビジネスメールの基本をしっかりと身に付けてほしい、というご要望が増えていることもありますし、Word研修に使う時間が他に比べて短いことも多いため、割合としてもビジネスメール研修の時間数が大きくなっています。

スクリーンショット 2016-06-21 11.53.08

Excelは前述のとおり定番研修となっていますが、業種や職種によらないベーシックスキルとなっていることがあります。PowerPointはある程度、必要とされる職種が絞られることもあるため、時間数は少なくなるものの、カリキュラムに組み込むことが多い状況です。Wordについては、通常のビジネス文書を作成するための操作はできる人も多いことから、時間数的には他に比べて少なめです。

もちろん業種や職種によって変わってきますが、新入社員研修においては概ね上記のような割合で行われることが多いと思います。研修に使う時間や費用を有効に活用できるよう、必要な研修を必要なだけ、効率的に実施したいところです。