Mac ExcelでF2やF4を使うには?

ExcelではF2キー(セルの編集)やF4キー(参照形式の切り替え)をよく使います。

2011バージョンでは、セルの編集は”control + U”、参照形式の切り替えは”command + T”でしたが、2016バージョンからMac Excelでも同様のキーが使えるようになりました。
その他のショートカットキーはこちら

ただ、MacのFunctionキーは、デフォルトでは画面の明るさ調整や音量などが割り当てられています。そのためMac Excel2016でF2(セルの編集)やF4(参照形式の切り替え)を使うためには、設定を変更する必要があります。

変更方法は以下になります。

  1. Appleメニューから「システム環境設定」を開く
    MacのFunctionキー
  2. 「キーボード」をクリック
    MacのFunctionキー
  3. 「F1、F2 などのすべてのキーを標準のファンクションキーとして使用」にチェックを入れる
    MacのFunctionキー

以上です。

もし画面の明るさや音量の調整として使いたい場合は、Fnキーを押しながらF1〜F12のキーを押せばOKです。


関連記事

研修を実施しています


>>Officeソフトのバージョンを見分けるには

Excel2016Mac Excel2011Mac