中国語研修

中国語研修

文化を理解し中国語を学ぶ

ビジネスや接客で使える中国語の基礎を身に付ける中国語研修です。中国への赴任や出張、中国人観光客への接客を担当する方に最適なカリキュラムとなっています。

講師は北京での中国語学習経験、香港でのビジネス経験、また日本でのビジネス・中国語講師の経験を持つ日本人が担当しています。中国と日本における文化やビジネスマナーの違いを分かりやすく解説しながら、ポイントを押さえた中国語研修を行います。
研修内容はご要望にあわせてアレンジいたします。

中国語研修のコース

速習中国語(3時間コース)

「中国語とは何か」を理解しながら、簡単な挨拶の表現を習得するコースです。講師は実際に中国語を習得した日本人が行います。初めて中国語を学習する日本人がつまずきやすいポイントを押さえ、無理なく学習ができる内容となっています。また、語学のみならず、「中国を知ろう」「中国人を知ろう」といったカリキュラムも組み込み、異文化理解も深める学習をしていきます。受講生ひとりひとりの不安要素を聞き出し、スムーズに中国語を学習できるようサポートします。

こんな方におすすめです

  • これから中国語を学習したいけれど、発音が難しそう。
  • 中国語は難しいと聞いているので、続けられるかが不安。
  • 出張で中国に行く機会があるものの、ニーハオくらいしか言えない。

ビジネス英語

速習中国語(3時間)基本カリキュラム

  1. 中国人を知ろう(使用漢字、使用方言、気質)
  2. 中国語とは(四声、発声方法、数の数え方)
  3. 簡単な挨拶(使える8大挨拶を徹底マスター)
  4. 自己紹介(氏名、出身地、家族構成や仕事などを表現)
  5. 中国語で尋ねてみよう(これは何ですか?いくらですか?お手洗いはどこですか?)
  6. 困った時の対応(ジェスチャーなど)

まずは「中国語は思ったより難しくない」「頑張って本腰を入れてみよう」という、中国語への偏見を取り除いて頂くのが目標です。そしてこの研修をスタート地点と捉え、継続して学習をしていただくことで、より高いレベルに達することが可能になります。語学は学習してからが本番となります。「実際に使ってみる→相手に理解をしてもらう→反応(言葉)が返ってくる」という一連のコミュニケーションは、確固たる自信となり、積み上がっていきます。その積み重ねこそが「もっと学習したい」という好奇心の原動力となります。私たちはこれを全力でサポートしていきたいと思っています。
※接客、赴任前、出張前など、企業ごとのニーズに合わせてカスタマイズしたカリキュラムを作成しております。

速習中国語(6時間コース)

本コースでは、中国語での簡単な会話がスムーズにできることを目標としています。講師は実際に中国語を習得した日本人が担当するため、ポイントとコツを押さえたカリキュラムで効果的に学習できる内容となっています。また、語学のみならず、「中国」および「中国人」との付き合い方の異文化理解も深め、中国という国と言語の両方から学ぶことができます。3時間コースよりも広範囲に渡ったカリキュラムで、実践的な中国語を学習します。

こんな方におすすめです

  • 短い時間で、とにかく身になる中国語を身に付けたい。
  • 中国語の成り立ちや文法を、一通り知りたい。
  • 少し学習したことはあるけれど、すっかり忘れてしまった。

速習中国語(6時間)基本カリキュラム

  1. 中国人を知ろう(使用漢字、使用方言、気質)
  2. 中国語とは(四声、発声方法、数の数え方)
  3. 簡単な挨拶(使える8大挨拶を徹底マスター)
  4. 文法学習(日本語と同じ文法、英語を同じ文法、疑問詞)
  5. シチュエーション会話(異文化理解)
  6. 自己紹介(褒める、褒められる文化)
  7. 買い物(値切り交渉、買い物の注意点)
  8. レストラン(中国式宴会や中国人の食事方法)
  9. タクシー(タクシーの選び方、タクシーの乗り方、道案内)

前半で中国語を発音や四声、文法を理解していただきます。受け身の座学にならないよう、ペアワークや発声を沢山行うことで、中国語の音域に慣れながら進めていきます。文法では、実際にご自身が使いたい文章を作成していただくことで、使える表現を目指していきます。最後にペアで会話演習をします。同時に、各シチュエーションで見られる中国および中国人に対する理解も深めていき、総合的に中国語を捉え、継続的に学習ができるようサポートをしていきます。

※接客、赴任前、出張前など、企業ごとのニーズに合わせてカスタマイズしたカリキュラムを作成しております。

異文化理解と接客中国語

本研修では、「異文化」と「中国語」を同時に進めていきます。文化的差異から起こるシチュエーションと、それに応じた対応が取れるような表現を身に着けることで、中国人訪日客に対応できることを目標としています。

講師は北京での中国語学習経験、香港でのビジネス経験、また日本でのビジネス・中国語講師の経験を持つ日本人が行います。中国の文化や風習と、日本のお客様を重んじるマナーや接客の双方を熟知しているため、どこに文化的差異が生じるかを的確にお伝えします。また日本人にとって難しい中国語を短時間で習得できるポイントも併せてお伝えします。そして、とにかく退屈になりがちな研修+座学+中国語を、確実に楽しい時間にしていきます。

異文化理解と接客中国語 基本カリキュラム

【異文化編】
まずは中国という国を知ることから始めます。同じアジアでありながら、近くて遠い国、中国。どのくらい文化の違いがあるのかを、クイズ形式での演習を交えながら楽しく理解を深めます。

  1. 中国人を知ろう
    • 中国本土・台湾・香港の違い(言語、風習、日本に来る目的の違い)
    • 中国人の性格(男性/女性、北方/南方)
  2. クイズで学ぶ、意外と知らない文化の違い
    • 日本と中国で意味が異なる漢字
    • 好きな数字/嫌いな数字
    • 好きな色/嫌いな色
    • 日本での好きな食べ物/苦手な食べ物
    • 日常のマナー(トイレの使い方/携帯マナー他)
    • 会計方法
    • ジェスチャー
  3. 押さえておきたい、中国人が好む接客
    • 中国人がお店に求めるポイント
    • 満足度を上げる接客方法
    • 成功事例の紹介

【中国語実践編】

中国を理解した後は、中国語の実践に入りましょう。まずは中国語の漢字を理解し、その後に基本であるイントネーション「四声(しせい)」や発音を学習します。音の高低や口の開け方が日本語よりもオーバーであることを、体で覚えます。さらに基本の挨拶や会計時の金額の伝え方、使える表現を学習します。

  1. 中国語とは(簡体字、繁体字)
  2. 発音よりも大切なイントネーション「四声」
  3. 中国語の数字「1~10」で四声を確認する
  4. 挨拶2大用語(こんにちは/ありがとうございます)
  5. 接客4大用語(いらっしゃいませ/少々お待ちください/お待たせしました/さようなら)
  6. 数字を表すジェスチャー/値段の表現方法(免税金額の伝え方)
  7. パターンで覚える接客表現(日本語と同じ語順×○パターン、英語と同じ語順×○パターン)

中国語研修概要

実施会場

貴社社内会議室などご指定の場所への出張形式、または都内各所セミナー会場(会場費別途)での実施となります。
東京、神奈川をはじめ、札幌、大阪、名古屋、福岡など全国対応しております。詳細はお問い合わせください。

費用

受講人数やご希望の研修内容を確認のうえ、お見積りをご提示致します。